学力を上げるためには /難関医学部へ進学したい!それなら医学部専門の予備校へ!

難関医学部へ進学したい!それなら医学部専門の予備校へ!

記事一覧

生徒に教える講師

「難関医学部へ進学したい!それなら医学部専門の予備校へ!」の記事一覧です。

続きを見る…

学力を上げるためには

黒板と女子高生

学生の勉強方法として予備校、個別指導塾、家庭教師がありますよね。ですが、実際はそれぞれの違いが分からない人もたくさんいると思います。では、それぞれの特徴を紹介したいと思います。
まずは予備校ですが、基本的には集団になります。たくさんの生徒がいるのでライバルからの刺激を受けることが出来るので仲間と同じ目標に向かって学習をすることが出来ます。そして、決まったときにカリキュラムどおりに進むので勉強する事は決まっています。予備校は基本が出来ていて勉強の仕方が分かっている学生に向いています。集団なので自宅でも自分で勉強してくる必要があるので高いモチベーションがある生徒に向いています。
そして、個別指導塾は名前のとおり、個別で行います。個別もカリキュラムが決まっている事が多いのでそのとおりに進んでいきます。個別といっても2対1という事もあるので本当に一対一ではない可能性があります。集団に比べたら人数が少ないのである程度融通が利きますが、完全に本人に合わせて行えるわけではないので注意が必要です。ですが、集団に比べたら人数が少ないのでやりやすいです。
最後に家庭教師ですが、完全な1対1の個人授業です。先生が家庭に来て教えてくれるので自分の部屋で教えてもらう事が出来ます。本当に1対1なので周りの刺激を受けるという事はありません。また、疑問点があったらその場で質問しやすいというメリットがあります。そして、一人ひとりに合わせたカリキュラムが作成されるので自分のペースで勉強をすることができます。
予備校と個別指導塾、家庭教師の違いを紹介しました。自分に合ったところで勉強をしてくださいね。